初診を1.5hも時間をかけるのですか?

初回に時間をかけるのは、身体の不調の原因を探るためです。原因にはいろいろなことが考えられます。
例えば、腰痛が酷い場合で来院されたとします。
1. 単純に骨格の歪みで筋肉に負担がかかり、筋肉の血流不足が原因で腰痛になる場合。
2. 内臓の位置が正常の位置にないため骨盤が歪み、腰の筋肉に負担がかかる場合。
3. 腸腰筋等(おなかの奥にある筋肉、俗にいう“インナーマッスル”)が縮んでしまい、上手く腸腰筋が使えてなくて腰の筋肉に負担がかかってしまう場合。
この3つの原因に対処する施術が違ってくるので原因が確定していないと、検討違いの施術をしてしまいます。
また、なぜ筋肉の血流不足がおこるのか?なぜ、内臓の位置が正常の位置にないのか?なぜ腸腰筋が使えていないのかも説明しなければ、今後どうしていくのか?どのようにすれば再発しないのか?をしっかりと理解し向かい合わなければいけません。ただ「痛みにだけ対処」では、長い目でみると逆にマイナスになってしまう可能性があるのです。

痛いところだけとって欲しいのですが

痛みをとることは簡単なのですが、自院ではトータルでみて根本的な原因を解決することで再発を防止すること推奨しています。「痛いところだけの施術」は受け付けていません。そのことを望むのであれば他院へいくことをお勧めします。

他の回数券はないのか?回数が多すぎる!

いままでの傾向を見てみますと6~8回でほぼ卒業なのですが、残り回数でセルフメンテナンス方法等の詳細や、今後、自分の身体とどのように向き合っていくかをお伝えしています。

通年コースって何?

週1回~2回定期的に来ていただいてメンテナンスを中心にした施術です。慢性痛が長く続いていた方や「セルフメンテナンスが自分では難しくてなかなかできません!」という人にお勧めです。1年後には自立した身体になることを目指します。最低でも週1回は来ていただきます。「週1~2回は時間が取れない」という方はご相談ください。

痛い施術は苦手ですが、痛くないですか?

基本的には痛くないようにしています。しかし例えば、腸腰筋(インナーマッスルの1つ)が縮んでいる時の施術は多少なりの痛みは伴います。施術中に聞きながら施術いたしますのでご安心ください。

痛い方が効果があるのでは…

「ケース バイ ケース」です。あまり痛く施術すると筋繊維が切れてしまい、「揉み返し」が起きたり、施術した個所が内出血してしまう恐れがあります。上記のように「痛みが伴うこと」もありますが、この痛みは必要だから起きているのであり、「故意」に施術しているわけではありません。

月1の通院では改善しませんか?

初診から2~3回は施術の間隔は短くしている理由は、人間の機能には「元の居心地の良い状態(あえて悪習慣といいます)」に戻る習慣があります(これをホメオスタシス、恒常性機能と言います)。最初の2~3回の間隔を空けてしまうと、せっかく「本来あるべき身体(良習慣)」が「元の居心地の良い状態(悪習慣)」に戻ってしまいます。改善するものも改善しません。逆に、最初の2~3回で「本来あるべき身体(良習慣)」を定着させると、ホメオタシス機能が働き、「これ(本来あるべき身体)が元の居心地の良い状態である」と思い、これを維持しようと自然に反応してしまいます。この状態になれば自然と身体は改善していきます。これが身体改善のコツです。

小顔施術や痩身施術だけはできませんか?

一時的にはできますが、すぐに元に戻ります。なぜかと言いますと、例えば、その場しのぎの「対処療法」で小顔にしても土台(足元や骨盤)が歪んでいるため、本当の原因(ここでは土台が歪んでいること)が改善してその状態に定着していないとすぐに元に戻ってしまい(ホメオタシス機能)、時間とお金の無駄になってしまいます。基礎は何事にもしっかりとしておくべきことです。